「仙台すくすくサポート事業(ファミリー・サポートセンター事業)」を上手に活用しよう

仙台すくすくサポート事業(ファミリー・サポートセンター事業)とは、お子さんを預かってほしい方(利用会員)と、お子さんを預かることができる方(協力会員)が、お互いの信頼関係のもとに行う子育て支援活動です。

どんな活動をしてるの?

イラスト

  • 保育園・幼稚園等の送迎や、その前後の預かり
  • 児童館・学校の送迎や、その前後の預かり
  • 習い事の送迎
  • 通院・学校行事・冠婚葬祭など、子どもを連れて出かけにくい時の預かり
  • 美容院や買い物など、保護者のリフレッシュのための預かり
  • 病気回復期のお子さんの預かり
  • 病児の送迎
      ・保育施設からの緊急呼び出し時の援助
      ・病児・病後児保育施設への送迎の援助

ご利用には会員登録が必要です

ファミリー・サポート・センターの仕組み

利用会員(お子さんを預かってほしい方)
入会説明会に参加し、会員登録を行った後、マッチングにより、依頼内容に応じた協力会員を紹介してもらいます。
援助内容の詳細について事前打ち合わせを行います。援助活動後は、協力会員に直接既定の報酬を支払います。
協力会員(お子さんを預かることができる方)
市内在住で、お子さんを安全に預かることができる20歳以上の方であれば特別な資格は必要ありませんが、入会説明会の参加と、面接及び講習を受講する必要があります。
両方会員(両方を希望する方)
利用会員、協力会員の両方に登録を行います。

仙台すくすくサポート事業について具体的に知りたい方は

ファミリー・サポート・センター事業の概要について知りたい方は

ファミリー・サポート・センター事業について(厚生労働省サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく